ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

[レポート]今こそ語ろう「場の力」!! バリキ!ナイト

2017.8.25

  

●詳細
世界を変えるのは「場の力」=バリキ!東京でさまざまな場を運営し、新たな価値創造に取り組むキーパーソンが集まり、場につどうコミュニティの多様性について語るトークショー、それが「バリキ!ナイト」です。
場の力を信じて運営されている共創スペース「SYNQA」に、丸の内、京橋、神田などの東京駅周辺に場をもってコミュニティをつくっているプロたちが大集合!世界中からイノベーションの風が集まるこの地で、なぜ「場」をつくるのか、「場の力」の本質とは何か、場にコミュニティを根付かせる意味や方法など、さまざまな観点でプロフェッショナルトークが繰り広げられました。

■日時:7月13日(木)19:00-21:00(開場18:30)
■会場:イトーキ東京イノベーションセンターSYNQA
    東京都中央区京橋3-7-1 相互館110タワー1F
■主催:株式会社イトーキ CSW事業部
■企画運営:株式会社イトーキ CSW事業部
      ニフティ株式会社 東京カルチャーカルチャー
■企画協力:Peatix Japan 株式会社

■スピーカー■
村上 臣 氏 ヤフー株式会社 執行役員 CMO(チーフ・モバイル・オフィサー)
野崎 麻衣 氏 Startup Hub Tokyo 事業企画室 次長
澤山 陽平 氏 500 Startups Japan マネージングパートナー
河原田 保彦 氏 住商ビルマネージメント株式会社 街づくりチーム/EDITORY神保町
■モデレーター■
河原 あず 氏 ニフティ株式会社 イベントハウス「東京カルチャーカルチャー」所属
藤田 祐司 氏 Peatix Japan株式会社 共同創業者・取締役 マーケティング統括 

                          

第1部

IMG_6689.JPG

第1部は、『シン・バリキ 場の力の「シン=真・芯・心」を語る』と題して、トークセッションを展開。紀尾井町にてLODGEを運営するヤフーCMO村上臣氏と、渋谷でニフティが運営する東京カルチャーカルチャーのコミュニティアクセラレーター河原あず氏、イトーキCSW事業部総括プロデューサー戸田裕昭をスピーカーに、モデレーターは、Peatixの藤田祐司氏がつとめ、それぞれの「場」へのアツい想いとリアルな状況を語っていただきました。

SYNQAがオープンした2012年当初はあまり、外部の企業と共創する取り組みは多くは無かったが5年が経ち、企業の枠を超えてプロジェクトベースで力を合わせて共創をする流れが各所でみられるようになってきました。

・コミュニティに場がついてくる
・参画する人を選ばない=一人ひとりの異なる価値観を大切にする
・飲食を伴うことにより、ビジネスがエンタメに変わる
・不完全な場所ほど、人は想像力・創造力が湧く
・ひとつの場所で満足せずに、どんどん他の場所で補完するように動く

トークで出てきた「不完全さ」「おもしろさ」「余白」「覚悟」「愛」というキーワードがバリキの源泉なのかもしれません。

                          

第2部


IMG_6694.JPG

第2部は、丸の内から500 Startups Japan 澤山陽平氏、Startup Hub Tokyo 野崎麻衣氏、神田・神保町からEDITORY 河原田保彦氏、東京駅周辺で活躍の「ご近所さんバリキスト」をお迎えし、東京カルチャーカルチャー河原あず氏のモデレートで、「バリキ・ホンガン」場の力を「本当に願い信じる」ひとびとと場の本質を引き出します。

「場×起業」「場×イベント」「場×ネットワーク」をキーにトークを展開。
日常的にイノベーションが生まれる空気感のあるシリコンバレー。楽観的な感情・酸素濃度が高いといわれている。日本では局所的に空気感をつくらないといけない。そのためにイベントやコミュニティをしかけている。と500 Startupsの澤山氏。
Startup Hub Tokyoでは、様々な起業に関するセミナーやワークショップを開催している。都の施設であることの制限はあるが、起業支援を目的にまずはイベント開催するために、他の場とも連携し、可能性を広げている。
場のチカラだけでなく街のチカラを引き出す試みを展開している、EDITORY神保町。街と企業が連携することにより、それぞれの強みを活かしたネットワークが生まれ、新たな動きが始まっていると、お話いただきました。

                          

第3部


IMG_6701.JPG

第3部は「場モグラフィワークショップ」参加者のみなさま、それぞれの「場に関わるひとたちの想い」をエモーションマップによって引き出し、参加者同士で共有しました。

コミュニティづくり、場づくりを実践されている参加者の方々からは、それぞれの取り組みを紹介いただき、「心を構造化してみたい」「観点の違いがおもしろい」「喜怒哀楽がすべて」などのコメントをいただきました。

       

●おまけ●
IMG_6693.JPG
●バリキ!ロールとバリキ!ニク●

SYNQAに限らず、それぞれの場が「バリキ!」にあふれ、素敵な活動の拠点となれば、幸いです。我々イトーキCSW事業部も「充満バリキ!」で活動してまいりたいと思います。ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。

    
  • twitter
  • facebook
  • Line
  • Google
  • はてなブックマーク

ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。