ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

CONCEPT

CSWとは

今はまだない、あるべき未来をつくる

技術革新による競争の激化や消費者ニーズの多様化による商品サイクルの短期化によって、経営環境や事業の進化、すなわち新規事業の開発が今までにないスピードで求められています。その証拠に、多くの新規事業開発部門が誕生し、それぞれが新たなる事業領域とオープンイノベーションを求めて奔走しています。

CSW(Corporate Social Will)とは、あるべき未来をつくるため、新規事業を生みだすオープンイノベーションの流れに社会的価値の創出を求め、各企業が目指すべきより大きな理念・志(Will)を共有(Share)し、互いの強みを社会(Social)のための価値に変革していく概念です。

そのためにはまず、個々の「志=命の使い方」の発見からスタートする人財育成が必要だと考えました。それは幕末に大きな社会変革をもたらす人材を多く輩出した松下村塾に倣い、ともに未来を描き、課題を捉え、解決策を模索することを目的とした人財育成プログラム「松下村塾リバースプロジェクトwith ITOKI」として実行します。
続いて、そんな志をもとに考えた未来を実現するためのアイデアを共有する「新規事業共創プラットフォーム」をつくります。そこでは企業同士が連携し、互いのアイデアをブラッシュアップし、互いのアセットをシェアすることで、社会性収益事業を創出していきます。

「人も活き活き、地球も生き生き」を理念とするイトーキと、「人類が地球に生き残るために」を理念とするREBIRTH PROJECTが志を共有したように、これに参画する多くの企業や人々とともに、今はまだない、新しい未来づくりを行なっていきます

ひとりひとりが描く、あるべき未来

CSW事業が掲げる「あるべき未来」とは何でしょう?
「あるべき未来」とは、ひとりひとりがつくりたいと思う未来の集合体です。そこでCSWの概念に共感し、出会い、実践を共にする同志たちに、理想の未来を掲げていただきます。
各々の「あるべき未来」をWEB上に集め、共有していくことで、「あるべき未来」の集合体が形づくられていきます。

画面上に浮かびあがる、ひとりひとりの描いた未来像パネルをクリックすると、“誰が、どのようになっている未来なのか”という具体的なビジョンを見ることができます。ぜひご覧ください。(※PC環境での閲覧推奨)

詳細はこちら

人財育成PROGRAM
「松下村塾リバースプロジェクトwith ITOKI」

幕末の「松下村塾」に倣い
「志=命の使い方」を発見し、掲げる
人財育成プログラム

自らの「志=命の使い方」を発見し、実践できる技術を学びながら、同志と出会い、事業を立ち上げ、未来をつくるために「行動」する力を養います。

学生、社会人、企業、行政職員などを対象にプログラムを開催していきます。

松下村塾リバースプロジェクト

詳細はこちら

事業共創PLATFORM

新規事業を企業が共創するための
会員制プラットフォーム

「今はない、あるべき未来をつくる」ため、それぞれの企業が掲げる理念や社会の実現を目指し、事業を創出するためのプラットフォームです。会員企業が連携し、事業アイデアの発掘からアセット開拓、社会性収益事業としての観点を付加し、提携パートナーと共にCSW事業部が事業開発をサポートします。

松下村塾リバースプロジェクト

詳細はこちら

ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。